×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高校受験の勉強法

高校のブランド力が増している現在、少しでも良い高校に入れるようにと、塾などでもかなり実践的で効率的な学習を行っています。自分なりのしっかりした勉強法を身に付け、効率の良い学習をしていく必要があるでしょう。お受験、なんていう言葉が良く聞かれるように、小学生が受験する機会は一昔前より格段に増えています。
ただ単に学校へ行って先生の話を聞いて、黒板の文字をノートに写すだけでは、頭に入ってくる知識も限られてきます。なにより、大学受験の時、どの高校を卒業予定なのか、というところを見る面接官は多いですから。いまや高校もブランド化の時代。
受験というと大学受験を連想するのが一般的ですが、最近はそうでもなくなってきています。そんな人生の中でも特に重要な高校受験に臨むに当たって、やはりしっかりとした勉強法を確立させておく必要があります。中学のレベルの勉強なんて、そこまでする必要はない、と思っている学生の方も多いでしょうが、高校受験を甘く見てはいけません。
周りに置いていかれる事のないよう、そして自分の将来の為に、一刻も早く効率の良い勉強法を確立し、実りある受験生活を送りましょう。どんな大学を出たか、というだけでなく、どんな高校を出たかも将来の面接などで見られるような時代です。そんな中、高校受験に対しての注目も、年々増加しています。

高校受験までにしておく事1

高校入試までにやっておく事は、いくつもあります。そうならないよう、しっかりと高校入試までの流れを頭に入れておきましょう。具体的に言うと、願書の提出し忘れが一番多いですね。
内申点によって行ける高校は変わりますが、12月で劇的にその内申点が上下動するというのは考え難いので、それまでに大体合格圏内の高校は決定していると考えて良いでしょう。高校受験のための勉強をするに当たって、まず一つ知っておきたい事があります。まず、当然ですが、自分の希望する高校を決めます。
総じて、12月が終わった時点で内申点が決定します。効率の良い勉強法を確立させ、その勉強法に従ってプランを立て、それを着実にこなしていくというのは、とても大事な事です。ただ、その前にまず高校受験までには一体どのような手続きを行う必要があるのかを知っておかなければ、致命的なミスをしてしまう可能性もあるのです。
後で大人がなんとかしてくれるさ、何て思っていたら大間違いです。願書を提出し忘れたが為に、希望の高校にいけなかった人だっているのです。学校によって時期は異なりますが、二者面談、三者面談が大体11〜12月に行われるので、それまでに自分の行きたい高校を決め、しっかり高校受験までの勉強法を確立しておきましょう。

高校受験までにしておく事2

大学受験と違い、高校受験にはセンター試験のようなものはありません。願書の提出期間は学校によって異なるので、まずそれをしっかり把握しておきましょう。自分の責任下において、しっかり提出するようにしましょう。
願書の提出が終わると、いよいよ本番です。よく「高校受験生には正月なんてない」という言い方がされますが、そこまで思いつめる必要はないと思います。まず年が明けて最初にする事は、希望の高校へ願書を提出する事です。
勉強や勉強法にばかり気を取られていて、願書の提出を怠るなんて事のないよう、注意しておく必要があります。高校入試ならではの緊張感がありますが、呑まれないようしっかり挑みましょう。ただ、やるべき事、やらなければならない事を忘れるような事だけはしないように心がけておきましょう。
高校受験までに行っておく事は、年が明けてからの方が多いですね。周りが言ってくれる、なんて甘い考えで過ごしていてはいけません。これまで行ってきた勉強法、そして努力を信じ、本番に挑みます。

高校受験に内申書はどう響く?

内申書とは、学校生活におけるその生徒の活動や実績、そして担任の印象などが記された書類で、高校受験において、とても重要な意味を持ちます。こういった項目を、高校側は点数化しています。つまり、内申書は序列が付けられるのです。
特別活動とは、部活や生徒会、ボランティア活動への積極的な参加などです。学生の本分は勉強と言いますが、良い事と悪い事の区別を付けることも勉強です。本来はそういった事はない方が良いのでしょうが、現実的には厳しいです。
総合所見とは、その生徒の総合的な評価を担任が行い、それを文章にしたものです。あまりに悪い点数だと、試験を受ける前にお払い箱という事になります。内申書の内容です。
高校受験は、当然学力も見ますが、大学受験と比較し、その生徒の人となりであったり、テスト以外での学校への貢献、熱意、積極性などを重視します。出欠は、要因が不明、若しくはサボりといった欠席に関してはマイナスの査定となります。高校受験を行うに当たって、一つ気になるところがあるかと思います。

高校受験の為の環境作り1

高校受験を控えている3年生になったら、これまで以上に毎日の勉強が重要になってきます。それでも、毎日やった事の30%を積み重ねていけば、高校受験においては成功を収める事ができる可能性が高くなります。勉強法と言っても、特別な事をする必要はありませんし、特別高い参考書を買う必要もありません。
一日の内に覚えられる知識の量は限られていますし、その内の約70%は、どうしても忘れてしまうと言われています。高校受験用の参考書も、そこまで分厚くはありません。というのも、中学までの学習は、そこまで深く学ぶ必要はないので、必然的に覚えなくてはならない知識の量は制限されるからです。
自分に合った勉強の仕方を見つけるだけです。高校受験に挑むに当たって、まず第一にやっておくべき事は、勉強法を確立させることです。しっかりした勉強法を確立し、その勉強法を毎日、あるいは毎週実践していけば、間違いなく来年の4月を笑顔で迎えられるでしょう。
難しい事、面倒臭い事でも、毎日やる事ならばほとんど苦にはなりません。まずは少しずつ、決まった時間に問題集や参考書を開くところから始めてみましょう。勉強は辛いと思う最大の理由は、普段やらないことだからです。

高校受験の為の環境作り2

勉強のできる人は、ノートが綺麗です。構成力も身に付きます。しかし、黒板に書かれた事、教科書に載っていることを自分の中で整理し、わかりやすくまとめ、チェックする項目をしっかりと書き記すなどの事をしている人は、頭の中も綺麗です。
しっかりした勉強法を持っている人は、ノートにもそれが現れています。綺麗な思考回路は、提示された情報を正確に染み込ませてくれます。それは、ノートの整理です。
問題集を解いたり、参考書を見る事で、それを得ようとする人がかなり多いんじゃないかと思います。ただ単に黒板に書かれた文字を書き写すだけの人は、脳もそういう構造にしかなりません。毎日勉強する習慣ができたら、次はいよいよ高校受験の向けての勉強法の確立です。
何より、ただ映すのではなく、自分の頭を使って書く事で、脳が活性化されますし、勉強そのものが楽しくなります。ノートに書く事、それを見直すことは、高校受験のための基礎学力を植えつける上で最も有効です。見たものをそのまま映すだけです。

高校受験の為の環境作り3

家庭教師は、学生の勉強する環境を一変させます。高校受験の為に、どういった学習をすれば良いかというのは、高校受験を控えている学生だけではなく、その親御さんも気になるところではないでしょうか。子供の意見をしっかり聞き、どういった先生が望ましいかを話し合った上で、信用できる人に頼むのならば、受験だけでなく、その子の人格形成にも良い影響を与える事ができるでしょう。
高校受験の為の勉強法を知り尽くしている親戚の大学生に頼む、などというのが一番好ましいかもしれません。ただ、家庭教師自体は決して悪い発想ではありません。塾とは違い、マンツーマンなので、それはより一層顕著です。
自分の子供がしっかりした勉強法を身に付けているのか、その勉強法を毎日実践できているのか、心配になる方も多いでしょう。例えば、どうしても一人で勉強をするのは心許ないということで、親御さんが独断で家庭教師を雇うとします。その際、やはり親心からか、高い授業料と教材を売り込むような悪徳商法に引っ掛かってしまう事も十分ありえます。
親の独断で子供に勉強法を押し付けるのだけは、控えたほうが良いでしょう。こう言う問題は、大抵親と子供のコミュニケーションが上手く言っていない場合に良く起こります。家庭教師にそそのかされて、悪い道に入る人も中にはいます。

記憶術に関する情報を無料で配信しています。記憶術をもっと深く知るためにも、是非、無料のメールマガジンにご登録ください。役立つ情報を配信します。
※ご登録後も不要なら、いつでも解除できます。

  
名字
 (例:山田)
メールアドレス
 ※携帯不可
(例:yourmail@yourmail.com)
       [ 規約 ]



Copyright © 2008 高校受験を絶対に成功させるために